外壁塗装のポイント

10年前新築のお客様から外壁塗装のご依頼をいただきました。
新築当時の打合せ風景が鮮明によみがえってまいります。
本当に時が過ぎるのは早いものです(^^)

■Before
少し疲れてきたご様子。

■After

早速、下見から入り、塗装工事を行い、先日無事完了しました。
今回は、以前の色合いを基本に、耐久性の高い油性塗料を使用。
こんなにきれいになり、お客様もほっとされたと思います(^^)

■ところで根本的になんで塗装をするのでしょうか?

汚れを落として美観を良くすることももちろんですが、建物の耐久性を上げるためです。
建物は常に厳しい状況におかれています。太陽光や雨・風などにさらされ、
日々劣化をしています。そのままにしておくとヒビ割れなどがおきて、
そこから雨水が進入し、木材を腐らせたり、断熱材が機能しなくなったりと
建物に重大な劣化を招きかねません。
そこで定期的な塗装が必要なのです。モルタル外壁より、サイディングは
特にメンテナンスに注意が必要です。
モルタル自体はいきなり劣化することは少ないのですが、サイディング材は
セメント系の材料を圧縮して板材にしていますので、万一塗装が切れて水が進入すると
ふやけるように劣化が一気に進みます。ですから定期的な塗装は必須なのです。

■塗装のポイント

1.屋根の塗装は外壁よりも厳しく選定しましょう

建物を塗装するときは、全体を塗装するのが基本です。しかし部位によっては、
より注意が必要です。屋根は太陽光、雨に直接さらされる部分です。
耐久性の高い塗料や、無機質の塗料など屋根専用の塗料を選びましょう。
また、スレートやコロニアル屋根は屋根材が塗料でくっついて、毛細血管現象で、
雨水が逆流しないように、縁切りは確実におこないましょう。

●塗装前の屋根

2.下地調整が全て!
塗装する前の外壁のひび割れや破損部分はしっかり補修する必要があります。
専用パテや、シーリング材で平坦になるように調節します。こういった「下地調整」を
怠ると、美観はもちろん、雨水の浸入につながりますのでしっかりと施工しましょう。

●破損部分は補修しましょう。

3.工程表をチェックしましょう。
工程表は是非確認しましょう。業者さん任せにすると、万一施工手順が違って
いたりしてもチェックできません。簡単に工程をご紹介いたします。

●塗装工事の工程
1.足場組み・養生ネットはり
2.高圧洗浄
3.乾燥
4.養生テープ・シート張り(窓廻りや塗装しない部分)
5.下地調整
6.下塗り
7.仕上げ塗装  2回
8.雨戸・シャッターなどの塗装
9.施主様検査立会い
10.養生シート・足場撤去
11.完成

大切なお住まいです。メンテナンスが不要な家などはございません。
今回の外壁塗装など適切なメンテナンスを行って、
お住まいを長く持たせたいものです(^^)/