「 何でもござれ!アフターテーマ 」一覧

上棟

12月11日。今日は流山平和台で建売の上棟でした。

昼過ぎからでしたが現場監督で行って参りました。

その様子を今日は紹介します。

午後一番は梁のボルト締め。大工さんが締めてチェックもしますが監督も改めて確認チェックをしています。

その後、建物の曲がりを直します。大工さんがのぞいてるのが「さげふり」というもの。これで垂直を図ります。地球の重力を利用した優れもの。

その後ロフトの荒床張り。きっちり細かく留めていきます。

そして束を立て母屋をはめていきます。

そんな中、きちんと柱に金具付けも行われてます。これは地震が来たとき、梁や土台と柱が離れないように留めてあるんです。

あ~、私も大工してたので上にあがって建前してたのを思い出しました。一緒にやりたかったな―――トンカントンカン~

 

以上高野でした~~~

 

 


リフォーム報告

こんにちは。先日からいろいろなリフォームをやらせていただいています。

あるお宅のデッキの入口ドアの交換をさせていただきました。

before

after

 

そしてもう一軒。

ずっと表札をつけずにいらしたようで、お客様のお気に入りのものが見つかり、取り付けの依頼をいただきました。

*注 お客様のプライバシーのためモザイク入れました。

この度は私がつけちゃいましたよ~~

だって元大工ですから。こんなの朝飯前~~~

皆様のお悩みに親身に寄り添う早稲田ハウスです。

高野


アフターとして。

こんにちは。設計、アフターの高野です。

 

弊社のごく一部では私が常にアフターに回ると簡単に治ってしまうことが多いので、ゴットハンド高野と呼んでいる人もいます(笑)。

それはそうと、常日頃私が、アフターとして、お伺いさせていただいてる内容についてお伝えしたいと思います。

まず、よくあるのが建具関係。ドアノブ、建て付け、動きが悪いなど、前回の投稿でも少し取り上げましたが、単純なものから複雑なものまであるので、セルフでは自信がない方はあまりなさらないほうがいいですね。

そして、次に多いのはキズ関係。専門の方もおりますが、私が直してしまうこともあります。これも皆さんでも出来るものもあります。床、壁(珪藻土)建具などなど。珪藻土については、お手入れ勉強会を定期的に行っておりますので、ご利用になって、皆さんでも小さな傷なら気軽にトライしてもらいたいですね。

そして、音に関するアフターも多いですね。これから寒くなり、乾燥してくる時期なので、床鳴りも多く発生してくるかもしれません。乾燥は皆さんの体にもよくないですよね。そんな時は加湿器を炊きましょう。早稲田ハウスの住宅は加湿器を炊いても珪藻土や飫肥杉が調湿効果をもたらしてくれるので、ちょうどいい湿度を家が管理してくれます。そして、そうすると床鳴りも軽減するかもしれませんよ。それでも気になるようなら、お電話ください。

あとは機械系の音です。これが一番気になるとネックになってくるのかもしれません。各家によって症状は様々。現在の住宅は機械も多々使用していますので、まれに異常が発生することもあります。でもそんな時は早稲田ハウスにお電話ください。親切丁寧に対応させていただきます。

よろしくお願いします。