シェアする

熊本・八代い草農家体験 ③

新鮮なイグサを、田淵さんの作業場に移動して次の工程です。

■水洗い

イグサの汚れを落とし鮮度を保ちます。

DSCN3072

■泥染・・・これは、私も知らなかったのですが、天然の塗土につけ込むとイグサの青みが
保たれるそうです。

DSCN3084

この穴の中にイグサをカートごと入れます。
DSCN3085
ダイナミックにつけ込みます!
DSCN3123
泥がしっかりと付き、少し白髪交じりのイグサに仕上がりました(^^)/

DSCN3087

この作業が青々しいイグサを作るのに必須とのこと。本当に手間暇がかかります。

次は、乾燥して、織りに入ります!

■番外編

せっかく、熊本まで来ましたので、肥後伊倉まで行ってまいりました(^^)/

DSCN3173
肥後伊倉駅です。なんか愛着を感じます(^^)

DSCN3175
DSCN3176

伊倉のルーツなのでしょうか(^^;) ちょっと調べてみたくなりました。

DSCN3174

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう