シェアする

セルフメンテナンス

こんにちは。高野です。

今回はドア、サッシ、戸の立て付けのなおし方です。

一見難しそうですが、回す場所と理屈がわかればカンタン!

皆さんの中にこんな状況の方いらっしゃいませんか?

「あ~ドアを閉めようとすると、きちんと閉まらない~。」なんて人や

「サッシや戸を閉めても枠との間に隙間があいちゃう~~」なんて人。

そんな時、どこをどうすればいいかというと、

ドアならこの部分を見てみてください。

小さな文字で右、左、もしくは吊元側(この金具の方)戸先側(ドアレバーのある側)、

そして上、下と書いてあると思います。たいていは始めに書いたほうの部分だけで調整はできちゃいます。

ドアが枠にぶつかっている方(上か下か)の丁番をドアが当たらない程度まで回して調整してみてください。

注:ものによってやり方が違います。

引き戸ならここの部分を見てみてください。

これは上下、左右と書いてあるかと思います。

特に左右の調節は関係ないでしょう。

上下だけで大丈夫です。

大抵、ほぼ下がっている状態にあると思うので、上げる方で調節してみてください。

サッシならここを見てみてください。

サッシは気を付けてくださいね。二つの○○見えると思いますが、上の部分は触らないでください。サッシが壊れます。

下の方のキャップを取りプラスのドライバーを入れてみてください。あとは上げるか下げるかで調節です。

どこもお願いしたいのは、無理にねじを回そうとしないこと。

自信がない方は早稲田ハウスの高野をご指名下さいね。

その他小さなことでも構いませんので、お住まいの悩み事は早稲田ハウスにご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう