シェアする

「究極の寝室」体験カーを相模原へ

少しだけ暖かくなってまいりました。

花粉がたくさん飛んでいて皆さんは大丈夫ですか?

アレルギー系の飲み薬を飲むのが嫌いなので、
ミネラルウォーターをたくさん飲んでひたすら耐えております(笑)

ところで先週、究極の寝室体験カーを相模原の学校まで運びました。

こちらの学校、LCA国際学園と言いまして、日本人のお子さんが通われているのですが、英語の授業が基本になっております。

こちらの法人代表様でもあり、学園長様でもある先生に、究極の寝室を体験頂きたく、体験カーを出動しました!

学校の外観はこのような感じで、広い敷地にとても立派なたたずまいでした。

とてもやり手の学園長様かと思い、少し緊張してお訪ね致しましたが、何ともお志高い温和で優しい園長様でした。

学園の課題としているのは、英語の授業が基本であるがゆえに、どうしても英語教育を重視している学校であるというイメージを持たれてしまうこと、だということです。

受験のための英語教育、英才教育のための・・・

ところが、学園が大切にされているのは、お子さんの人格形成、オープンマインドで明るく元気になってもらうこと、だそうです。

そこをどうやって学園として発信していくか、議題はいつもそこにあるとのことでした。

素晴らしい教育理念だなと勉強になりました。

そしてもう一つ、早稲田ハウスと同じ様に、空気環境をとても大切にされているということでご父兄様から評判が高いそうです。

学園内部はあらかじめ聞いていたとおり、まったくエアコンを使用していませんでした。

エアコンは空気を吸ったり吐いたりして空気環境を汚してしまうことを懸念されています。

エアコンを使用しない特殊な冷暖房機器を全室に導入されており、設備への投資を惜しみなく施されておりました。

体育館内部も、エアコンがないため全くの無風なのです。これには驚きました。

まったくの無風なのですが、暖かくて気持ちいい施設となっておりました。

子育て環境にはきれいな空気が欠かせないという、
早稲田ハウスと同じ理念がここにも・・・という感じでした。

そんな共通項を感じつつも、
なんと学園長様の誕生日が、弊社社長と同じ日であるという・・・(@_@)ビックリ~

学園内の一室を究極の寝室仕様にして頂くことになりましたが、ぜひ他のお部屋との違いを感じて頂き、相模原でも広めて頂ければなと思いました。

なお、LCA国際学園様は、東京都英語村、TOKYO GLOBAL GATEWAYの主催でも有名です。

東京都英語村についてはこちら
https://tokyo-global-gateway.com/corporate/

素晴らしい取り組みをされております。

お客様係 神近

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう